スマホ老眼の原因となるブルーライトについて

スマホ老眼の原因となるブルーライトとは?

スマホ老眼の原因となるブルーライトですが、
原因となる本当の仕組みを理解している人は少ないです。

 

 

 

ただなんとなく、眼に悪いんだろうなといった認識でしかありません。
しっかりとブルーライトの性質を理解することができれば、
よりスマホ老眼の治し方に工夫を入れるようになると思います。

 

 

 

そこで今回、ブルーライトの性質と、眼に与える影響について
重点的に解説し、スマホ老眼とどう関係してくるのかを
お教えしましょう。

 

 

 

ブルーライトとは?

 

 

 

ブルーライトとは、自然界に存在する紫外線のような光とは違い、
悪影響を与える場合のほとんどが人口のブルーライトによるものです。

 

 

 

紫外線などは、窓や眼、鏡、眼内レンズなどに紫外線カット
加工が施されて人体への影響は最小限に止められますが、
パソコンやスマホから発せられるブルーライトはそうもいきません。

 

 

 

紫外線などとちがってより身近で、物理的距離も近いものになりますから、
紫外線よりもより近い距離で、ダイレクトに眼に悪影響を与えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

ブルーライトは電灯やディスプレイから発せられる光の中でも
特に強い光で、眼に対する刺激は一層強くなり、
大きな負担になります。

 

 

 

だから、パソコンやスマホを見るときは、離れて見たり、
一定時間が経ったら目を休ませるなどの工夫が必要なのです。

 

 

 

とにかくスマホなどから発せられるブルーライトは、
普通の光よりも刺激が強くて目に負担がかかることを覚えておきましょう。

 

 

 

ブルーライトってどれくらい眼に悪いの?

 

 

 

一般的にブルーライトとは、380nm〜495nmの波長を持つ
光をさします。(nmは光の強さと思ってください。)

 

 

 

それでは、普段から目が浴び続けている紫外線と
比較してみましょう。

 

 

 

295nm程度の紫外線であれば、大体角膜で防がれ、
強い紫外線で280〜400nm程度の紫外線であれば
水晶体で吸収されます。これで網膜に到達することはまあありません。

 

 

 

しかし、ブルーライトの領域である440nmの波長であった場合、
45%〜50%が水晶体を透過して網膜に到達してしまうことになります。
これが繰り返されると、眼がどんどん悪くなり、スマホ老眼になっていくんです。

 

 

 

しかも最近、パソコンやスマホでよく使われているLEDは、
従来の光源よりも多くのブルーライトを含んでいるため、
近年になって非常に問題視されています。

 

 

 

そして、LEDの汎用化だけでなく、スマホやパソコンの台頭により、
よりいっそうあなたのスマホ老眼化に拍車をかけることになっているのです。

 

 

 

ブルーライトでドライアイや眼精疲労?!

 

 

 

ブルーライトが原因でスマホ老眼になるといいましたが、
すぐにスマホ老眼になるわけではありません。

 

 

 

スマホ老眼になるのは、段階を経た上で起こっているのです。

 

 

 

ブルーライトを浴び続けていると、ドライアイや眼精疲労といった
状態にまずは陥ります。この段階になったら、しっかり目を休めたり
対策をすれば割とすぐに回復するんですが、放っておくとスマホ老眼になります。
 
 
 
 

 

 

 

角膜上の細胞にブルーライトを照射すると、酸化ストレスが
より激しく引き起こされ、細胞分裂を盛んにおこなっている細胞に
ダメージを与えると言われています。

 

 

 

角膜上皮細胞のダメージで炎症などが起こるが、これ以上に
ドライアイになるおそれが強まっています。

 

 

 

また、ブルーライトは眼精疲労になるリスクを持っており、
そこから疲労が蓄積してスマホ老眼になる危険を孕んでいるのです。

 

 

 

ブルーライトによるスマホ老眼化の治し方

 

 

 

方法としては、スマホ老眼の主な治し方は
以下の方法が有効です。

 

 

 

  • ブルーライトカットPCメガネ着用。
  • スマホやPC画面にブルーライトカットフィルムを貼る。
  • アイケアサプリメントを飲用する。

 

 

 

昔は、老眼になると回復は困難と言われてきましたが、
今はスマホ老眼という老眼になっても治療すれば
治るようになっています。

 

 

 

ブルーライトカットPCメガネ着用。

 

 

 

眼のトレーニングなどの方法もいいかもしれませんが、
いきなりやろうとしても続かないと思います。

 

 

 

そこでまずは、目を回復させることよりも
ブルーライトを防いで今以上にスマホ老眼がひどくなるのを
防ぐことから始めましょう。

 

 

 

まずオススメなのが、PCメガネの着用です。

 

 

 

 

 

 

 

普段からファッション感覚でメガネをかけるだけで
ブルーライトから目を守ってスマホ老眼を防いでくれるんですから
めっちゃ便利ですよね!

 

 

 

しかも度を入れるか入れないかで分けて、決めることができるんで、
メガネの度をきつくしたくないという人も、伊達めがね的な感じで
着用することができます。

 

 

 

スマホ老眼を防ぐPCメガネについては
以下の記事で詳しく紹介しています。

 

 

 

スマホ老眼を解消するオシャレPCメガネ! 

 

 

 

スマホやPC画面にブルーライトカットフィルムを貼る。

 

 

 

PCメガネによるスマホ老眼対策も有効ですが、
それより簡単で、すぐに実行できる治し方があります。

 

 

 

それが、ブルーライトカットフィルムを画面に貼り付けるというものです。

 

 

 

フィルムについては電気屋や家電量販店、携帯ショップとかで売っていたりしますので、
1000円ちょっとで買えますからぜひ購入しておくといいです。

 

 

 

一度買って貼りつけておけばずっと使えますし、
メガネみたいに取り外しもしなくていいですからめっちゃ楽に
ブルーライトをカットできます。

 

 

 

アイケアサプリメントを飲用する。

 

 

 

目がよくなるサプリメントとかが最近になって
また流行り始めていますが、やっぱり効果自体はありますね。

 

 

 

しっかりと1日の目安量を守って飲み続けていくと、
目の疲れやぼやけが改善していくのを肌で感じることができます。
(※もちろん個人差はあります。)

 

 

 

僕が購入した株式会社さくらの森の「めなり」なんか、
60粒も入っていて1ヶ月飲み続けたらだいぶ目の状態が良くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

眼にいいアントシアニンがブルーベリーの5倍以上含まれている
ビルベリーを100%使用した贅沢な一品ですが、おそらく市場に出回っている
どのサプリメントも、この「めなり」には性能でかなうものはいないと思います。

 

 

 

粒自体もそこまで大きくないから、飲みやすさも大丈夫です。

 

 

 

なんせ、贅沢なビルベリーをここまでふんだんに使って、
4000円程度で抑えられるなんて業界初めての試みらしいですからね。(^_^;)

 

 

 

そんな「めなり」を実際に購入して飲んでみた感想を
お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

スマホ老眼解消サプリ!「めなり」を実際に試してみた!