スマホ老眼に効くカシスアントシアニン

スマホ老眼を抑えるカシスアントシアニンが凄い!

スマホやパソコンが普及した今、スマホ老眼は深刻な
問題ですが、それを治療し、予防するためには
アントシアニンやルテインといった栄養が必要です。

 

 

 

特にアントシアニンはスマホ老眼そのものや、
眼精疲労にも効果があり、注目を浴びています!

 

 

 

 

 

 

 

アントシアニンと聞くと、ブルーベリーなどを思い浮かべますが、
実はカシスにもアントシアニンは含まれていて、スマホ老眼
などの眼疾患治療に用いられることがあります。

 

 

 

カシスアントシアニンがもたらすスマホ老眼解消力

 

 

 

  • 一時的な近視化の抑制
  • 眼精疲労の軽減作用
  • 夜間の視力改善作用

 

 

 

これら3つの効果を秘めています。
どれもスマホ老眼の治療や予防につながるので
みておいてください。

 

 

 

一時的な近視化の抑制

 

 

 

カシスアントシアニンは、夜間の視力向上や眼疲労の抑制
に加えて、スマホやパソコンなどの作業で起こる一時的な
近視化を抑制する働きがあるのです。

 

 

 

スマホをいじっていたらわかりますが、1時間以上
使っていたら目がどんどん疲れてきて、ゴロゴロしたり
奥が痛くなったり、しょぼしょぼしたりしますよね。

 

 

 

電車や寝る前の布団の中でやるときなんかに
起こりやすい現象ですが、その時の目の疲れを
取り除く働きをしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

スマホの使用による一時的な近視化をカシスに含まれる
アントシアニンが抑えてくれるというのは科学的にも証明されており、
サプリメントにも用いられるようになりました。

 

 

 

ただ、ビルベリーに含まれているアントシアニンの濃度や量に比べると
少ないですが、目の疲れの症状を大きく和らげることはできますので、
目にかかるストレスの軽減という意味ではめっちゃ役に立ちます。

 

 

 

しかもビルベリーと比べて安価なので、
比較的市販でも手に入れやすいのが特徴です。

 

 

 

眼精疲労の軽減作用

 

 

 

目を動かすと多少なりとも疲労が蓄積していくものですが、
実は目の疲労にも、回復しやすい疲労と回復しにくい疲労
の2種類があります。

 

 

 

後者の回復しにくい疲労というのが、スマホ老眼の前兆であるとされる
眼精疲労のことなのです。

 

 

 

僕も目が悪くなり始める前は、眼精疲労のように変に目の奥が
重かったり、偏頭痛のように痛むといった感覚に襲われたことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以降から急激に視力が下がっていったので、
眼精疲労がスマホ老眼の前兆であるということは
ほぼ間違いないと思います。

 

 

 

そんな眼精疲労については以下の記事で詳しく
解説しています。

 

 

 

眼精疲労はスマホ老眼の前兆?!

 

 

 

実際にカシスアントシアニンを摂取すると、
毛様体筋の調節緊張の緩和や血流の改善などの
作用が見られ、スマホ老眼の前兆である眼精疲労を治すのに
大いに役立ちます。

 

 

 

夜間の視力改善作用

 

 

 

アントシアニンを摂取すると、ロドプシンの再生速度を向上させ、
夜間視力が改善するという話があります。

 

 

 

ビルベリーに含まれているアントシアニンでもそうですが、
夜間視力を回復させるにはアントシアニンが一番です。

 

 

 

夜間で視力が適応することを暗順応と呼んだりするんですが、
夜間のスマホ操作で悪くなる一方、カシスを摂取することで
目の疲れを軽減してスマホ老眼になるリスクを下げてくれます。

 

 

 

ただ、コスト的な面で考えるとカシスの方が安いんですが、
効果を重視するとなると、長い目で見れば改善の速さから見て、
ビルベリーの方がいいです。

 

 

 

 

 

 

 

カシスと比べてもアントシアニンによる視力回復効果の
高いビルベリーですが、

 

 

 

果たしてどういったフルーツなのか、
スマホ老眼を解消してとっととメガネなしの
生活をしたいという方は読んでおくといいですね!(^^)v

 

 

 

ブルーベリーの5倍効果があるビルベリーとは?