ルテインとゼアキサンチンの欠点

ルテインとゼアキサンチンの2つの罠

ルテインとゼアキサンチンは天然のサングラスと言われ、
スマホやPC画面から発せられるブルーライトから
目を守る効果があります。

 

 

 

しかし、ルテインとゼアキサンチンを摂取していく上で、
必ず覚えておいて欲しい点があります。

 

 

 

これら2つの栄養は、確かにスマホ老眼に効果的ですが、
欠点が存在するのです。

 

 

 

それがこちら!

 

 

 

  • 食材から必要量を摂取するのが難しい。
  • 歳をとるごとに量が減少する。

 

 

 

それでは順番ずつ見ていきましょう。

 

 

 

食材から必要量を摂取するのが難しい。

 

 

 

まず、ルテインとゼアキサンチンの必要摂取量から見てみましょう。

 

 

 

  • ルテイン(10mg〜20mg/日)
  • ゼアキサンチン(6mg/日)

 

 

 

数値だけ見ると大したことないと思うかもしれませんが、
実はこれだけの量を毎日欠かさず摂取し続けるのは
非常に困難なことなのです。

 

 

 

まず、ルテインに関しては体内で生成されない成分なので、
常に口から直接食べ物などを介して摂取しなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

参考までにですが、ルテイン10mgを摂取しようとする場合、
ほうれん草4株以上、ミニトマト666個、ニンジンは21本分も食べないといけません。

 

 

 

ゼアキサンチンの場合は、1日に6mg摂取しようとする場合、
パプリカが最も良く含まれていて、100gあたりで12mg摂取することができます。
まだゼアキサンチンのほうが現実的ですが、毎日パプリカはやはりキツいです。

 

 

 

となると、現実的には両方とも普通の食材から摂取するのは難しいという
結論に至りますね。

 

 

 

でも、ゼアキサンチンは代用が利かないので、
ルテインとゼアキサンチンは同時に摂取する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

どっちが不足しているのかは素人から見てもわからないですからね。
それなら両方同時に摂取したほうが効率的です。

 

 

 

ちなみに、ルテインは割とテレビとかでも話題になったりするので、
謳い文句でルテイン配合を宣伝するサプリメントがあったりしますが、
ゼアキサンチンの配合量もしっかり見ておいてください。

 

 

 

ルテインはいっぱい含まれているけどゼアキサンチンは全く含まれていない
アイケアサプリメントははっきり言って意味がありませんので。( ̄▽ ̄;)

 

 

 

歳をとるごとに量が減少する。

 

 

 

ルテインとゼアキサンチンは、加齢とともに
その量が減少していくことも覚えておかなくてはいけません。

 

 

 

加齢とともに目が悪くなっていくのも、実はルテインとゼアキサンチンの
現象が原因で、スマホやPC画面から放たれるブルーライトを防ぐ力が
どんどん衰えていってしまいます。

 

 

 

若いうちは大丈夫と思うかもしれませんが、
過剰にブルーライトを浴びやすい現代では、
若いうちからゼアキサンチンとルテインの摂取を意識する必要があります。

 

 

 

でも、食材から毎日必要量を摂取し続けるのは困難ですよね。
そこでアイケアサプリメントの出番です!

 

 

 

 

 

 

 

アイケアサプリメントを使えば、1日に必要な量を1粒、2粒飲むだけで、
必要な量の目に必要な栄養を補給することができ、
スマホ老眼を防いでくれます。

 

 

 

でも、ルテインとゼアキサンチンの必要量を満たした状態で
提供されているアイケアサプリメントはそう多くありません。

 

 

 

そこでオススメなのが『めなり』というサプリメント!

 

 

 

 

 

 

 

ルテインとゼアキサンチンのパワーを最大限に発揮できる
黄金比率5:1を意識し、ルテイン12mgとゼアキサンチン2.4mg配合

 

 

 

米国の研究より明らかとなった黄金比率により、従来の必要量よりも
少ない量のゼアキサンチンで効果を最大限に高めることを可能にしました。

 

 

 

そんなめなりを実際に購入してその効果の検証とレビューを
行いましたので、よかったらどうぞ。

 

 

 

スマホ老眼解消サプリ!「めなり」の効果レビュー!

 

 

 

関連ページ

スマホ老眼を抑えるカシスアントシアニンが凄い!
アントシアニンはビルベリーやブルーベリーだでなく、カシスにも含まれています。果たしてスマホ老眼に効果はあるのでしょうか?
アントシアニンが目に良いのはウソ?!
スマホ老眼に効く食べ物を紹介します。栄養素単位で解説しましょう。(^^)v
鮭パワー!アスタキサンチンでスマホ老眼改善!
鮭に含まれているアスタキサンチンには、スマホ老眼に関連する様々な目の症状を改善してくれます。どんな効果で、なんの食べ物に含まれているのでしょうか?
スマホ老眼を防ぐ2つの栄養!ルテインとゼアキサンチン
スマホ老眼の症状を防いだり、改善するためには、栄養にも気をつけて食べ物を食べないといけません。眼にいい成分として、ルテインとゼアキサンチンという成分がありますので紹介しましょう。
ビタミンCはスマホ老眼に効くのか?
スマホ老眼に効く栄養素としては、ルテインやアスタキサンチン、アントシアニンなどが思い浮かびますが、実はビタミンCもめっちゃ効くんです!
目の健康を保つ2つのミネラル!
目の健康を保つためには、ビタミン以外でミネラルも重要な役割を果たします。その役割と必要なミネラルは何かを教えましょう!
マジで?!黒大豆エキスがスマホ老眼を解消させる!
黒大豆エキスがどういった要素でスマホ老眼を解消させるのか?
ブルーベリーはスマホ老眼に効果があるの?
アイケアサプリメントでブルーベリーのアントシアニンが配合されていて、眼にいいとよく言われていますが、果たして本当なのか?アントシアニンの働きとともに解説します。
スマホ老眼に効くのはどっち?2種類のブルーベリー
通常のブルーベリーといっても、実は2種類のブルーベリーが存在します。この2種類のどちらかは、ビルベリーほどではありませんが、高いアントシアニンを含んでいて、スマホ老眼に効果的です。どんなブルーベリーだったらいいんでしょう?
ブルーベリーの5倍効果があるビルベリーとは?
ブルーベリーにはアントシアニンという成分が含まれていて、それがスマホ老眼などの目の病気にいいとされていますが、実はブルーベリーよりも効果の高いベリーフルーツがありますので、紹介しましょう。
ビタミンEはドライアイとスマホ老眼を防ぐ!
ビタミンEは他のビタミンと同じように、目に対していい効果をもたらします。代表的なものが、スマホ老眼やドライアイの予防です。ビタミンEを豊富に含んでいる食べ物の紹介とともに解説します。
ビタミンAの吸収を助けるビタミンDで目を守ろう!
ビタミンAが欠如すると、ドライアイを招く恐れがありますが、それを防ぐには効率よくビタミンAを体が吸収する必要があります。その吸収を助けるビタミンDとはどういった栄養なのでしょうか?
目の疲労回復に役立つアスパラギン酸を含む食べ物まとめ!
スマホ老眼解消に役立つ、目薬に良く入っているアスパラギン酸を含む食べ物を紹介します。
スマホ老眼の原因である眼精疲労に効くツルレンゲとは?
スマホ老眼に効く食べ物を紹介します。栄養素単位で解説しましょう。(^^)v