スマホ老眼とブルーライト

ブルーライトは精神的な疲労の原因?!

スマホ老眼の原因の一つにブルーライトがありますが、
実はスマホ老眼以外にも悪影響を及ぼします。

 

 

 

結局はどのパターンにおいても、スマホ老眼の原因になりうるのですが、
直接的だけでなく、間接的にも悪影響が出ることを解説しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

実は、ブルーライトによって以下のような病気を
引き起こす可能性があります。

 

 

 

  • 眼精疲労
  • うつ病などの精神疾患

 

 

 

眼精疲労などは、スマホ老眼の原因になることは
他に記事でも解説していますので、気になる方は読んでみてください。

 

 

 

眼精疲労はスマホ老眼の前兆?!

 

 

 

そもそもブルーライトがスマホ老眼や眼精疲労の原因といわれるのは、
可視光線の中でも最も強い光で、網膜に直接刺激を与えるからです。

 

 

 

水晶体や角膜に吸収されず、そのまま網膜に刺激を与えてしまうから、
ブルーライトは目に最も良くないというわけですね。

 

 

 

例えば、パソコンやスマホのLEDディスプレイやLED照明は、
ほぼ全てが青色LEDでできていて、目や体に大きな負担を
かけるとされています。

 

 

 

だから、ブルーライトカット用保護フィルムというものが
開発されたりするわけです。

 

 

 

でも、眼精疲労やスマホ老眼を引き起こすのは分かっても、
うつ病などの精神疾患につながる理由がわからないですよね?

 

 

 

それは次より解説します。

 

 

 

ブルーライトは睡眠リズムを乱す。

 

 

 

精神疾患の多くは、睡眠リズムが乱れたりすることで起こります。
当記事で取り上げているうつ病などはその代表例です。

 

 

 

実はブルーライトは、睡眠リズムを乱す働きをします。

 

 

 

眠いと思っていても、ブルーライトを直接浴びることで脳や交感神経が
活性化されて眠れなくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

ブルーライトが脳に直接働きかける現象として、
「脳に日中だと認識させる光」という事実があります。

 

 

 

朝や昼に目が冴えるのはこのためで、日が出ているあいだは、
微量ながらもブルーライトが放出され、僕たちの身に降りかかってきます。

 

 

 

これを朝や昼に浴びることで、体が起きて目が覚めるなどの
状態になるというわけです。

 

 

 

しかし、夜にスマホを長時間使っていると、夜なのに「昼」だと
脳が認識してしまい、一向に体が眠りモードに移行しません。

 

 

 

網膜がブルーライトの刺激を受けたときに、視神経を通って
脳が「朝だ」と判断し、睡眠を促すメラトニンが抑制されてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

こうした習慣が続くと、眼精疲労やそれが原因で起こるスマホ老眼だけでなく、
睡眠障害によるうつ病などの精神疾患につながりかねません。

 

 

 

そうならないためにも、夕方以降のスマホやPCの使用は
控えるべきです。

 

 

 

もし、仕事上不可能であれば、ブルーライト保護フィルムや、
PCメガネが販売されているので、購入しておきましょう。

 

 

 

PCメガネについてはこちらの記事が参考になります。

 

 

 

スマホ老眼を解消するオシャレPCメガネ!

 

 

 

 

関連ページ

スマホ老眼の原因となるブルーライトとは?
スマホ老眼の原因の主として、ブルーライトが挙げられますが、なぜブルーライトがスマホ老眼の一番の原因になるのかを知っている人は少ないと思います。そんなブルーライトとはどういったものかを解説しましょう。
デスクワークでの3つのスマホ老眼対策
スマホ老眼の原因はそもそも、スマホやPCから発せられるブルーライトが原因です。ブルーライトが目にとってどれほど危険なものかを知っておきましょう。
ブルーライトが睡眠の邪魔になる理由
スマホ老眼の原因はそもそも、スマホやPCから発せられるブルーライトが原因です。ブルーライトが目にとってどれほど危険なものかを知っておきましょう。
ブルーライトとうまく付き合うための2つのルールとは?
スマホ老眼の原因はそもそも、スマホやPCから発せられるブルーライトが原因です。ブルーライトが目にとってどれほど危険なものかを知っておきましょう。