スマホ老眼とPC・スマホ

PCやスマホのブルーライトは目に拷問をかけている!

スマホの普及に伴い、今の若い人たちはいつでもインターネットを楽しむことができ、
いつでもコンピューターと接することができるようになりました。

 

 

 

その結果として、ブルーライトによるスマホ老眼の増加が起こり、
若い人のあいだでも目がいい人がどんどん減ってきているという事実があります。

 

 

 

ここで、スマホやPCの画面から発せられるブルーライトなどの目に悪い光が、
どれくらい悪くて、どれくらいやばいのかを理解しておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

こんな資料を目にしましたので、
参考までに見ていただければなと思います。

 

 

 

21インチモニタの明るい画面を長時間直視するのは、実は、拷問に匹敵することもわかった。昔の特高警察が自白を強要するために、容疑者の顔面に強い光を当て続けるシーンがあるが、長時間、電球を見続けると脳の神経が麻痺して思考力がなくなる。筆者はこれに近い拷問を、100日間も自分自身に強いたようなものだ。頭は変に興奮しているが、思考力が働かない状態になる。視細胞から視神経、脳の視覚領域に至るまでが、絶え間ない光を浴びて完全にオーバーヒート状態になり、神経が休まらないのだ。

 

(引用元:最新科学を読み解く−「現代『眼球』残酷物語」@、科学ライター久道健三−2002年6月週刊ダイヤモンド)

 

 

 

 

これは、光が目に見えない形で密かに体を休ませずに働きかけているのと同じことで、

 

 

 

例えば、部屋が明るい状態で長時間寝ても、
起きたときに全然スッキリしていないなどがいい例だと思います。

 

 

 

光が当たっていると、いくら目をつぶって寝ているつもりでも、
体は光に反応して起きている状態を保とうとします。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で寝ても、思いっきり体を休めることができていないので、
むしろ不快感が多い最悪な睡眠になってしまいます。

 

 

 

スマホ老眼の大きな原因である、『寝ながらスマホ』にも同じようなことが言えます。

 

 

 

スマホのブルーライトによって、体が本来持つ睡眠と覚醒のリズムが狂わされ、
夜寝る時間であるにもかかわらず、昼だと体が勘違いして睡眠を障害し、
目に休める時間を与えず、どんどん疲弊させているのです。

 

 

 

だから、夜の寝ながらスマホは、スマホ老眼の原因であって、
絶対にやめるべきなのです。

 

 

 

少なくとも、寝る2時間前にはスマホやPCの使用は控えるようにしましょう。

 

 

 

このように、スマホやPCから発せられるブルーライトは、
長時間目に当たり続けることで相当の負担を与えていることがわかると思います。

 

 

 

もし普段の仕事上、どうしてもPCやスマホと接する機会が多い方の場合は、
ブルーライト対策アイテムを活用して、少しでも目の負担を減らすよう
工夫する必要があります。

 

 

 

以下のページにて、スマホ老眼対策用として様々な
ブルーライト対策アイテムを激安価格で紹介していますので、
ぜひご覧にしてください。

 

 

 

スマホ老眼対策グッズ 

 

 

 

関連ページ

なぜスマホが最も目に悪いのか?
スマホ老眼という言葉が社会問題になってきていますが、なぜパソコンとかではなくスマホなのかをここで考えてみましょう。
スマホをやめてスマホ老眼を解消するコツ!
スマホ老眼を解消するには、スマホの使用をやめるのが一番効果があります。でも、中々やめられないのも事実。そんなスマホをやめられるコツとは?
『ポケモンGO』でスマホ老眼増加?!
スマホ老眼の原因では、代表的なものがPCとスマホですね。言うまでもありませんが、より掘り下げた内容の記事を掲載しています。