スマホ老眼になる悪習慣

寝る前のメールチェックはスマホ老眼の原因?!

あなたは夜寝る前に、スマホやPCでメールチェックを
行ったりしていませんか?

 

 

 

寝ながらスマホと同様、アプリで長時間見続けるよりは
短時間で済むかもしれませんが、

 

 

 

「メールチェックのついでに動画でも見るか!」

 

「メールチェックのついでにアプリでもするか!」

 

 

 

こうなると非常に危険で、もはや寝ながらスマホを
しているのとなんら変わりない悪影響を及ぼし、
スマホ老眼になってしまう原因になります。

 

 

 

 

 

 

 

しかも、スマホ老眼ではない方でも、
スマホ老眼の原因を生み出すきっかけとなってしまう
ことになるかもしれません。

 

 

 

寝る前のメールチェックは睡眠を邪魔する!

 

 

 

目がほぼ唯一休めることができる時間というのが、
夜寝る時だと言われています。

 

 

 

モノを見るときは常に働いている目ですから、
単純に言っても、ほぼ丸一日は働いていることになります。

 

 

 

そんな目が唯一休める就寝時間が、
目に毒なブルーライトを持つスマホに
時間を奪われたらどうなると思いますか?

 

 

 

スマホを見ている時、目は「まだ寝てはいけないんだ!」となって
覚醒状態に入ってしまうのです。

 

 

 

というのも、ブルーライトは本来、朝の陽の光などにも
含まれていて、起きる時間を知らせる合図でもあったのです。
それがスマホやPCの普及で、一気に悪いイメージが定着しました。

 

 

 

 

 

 

 

そんなスマホやPCから発せられるブルーライトは、
眠りの要因となるメラトニンを抑制してしまい、
眠れなくしてしまうのです。

 

 

 

これが朝や昼に陽の光を浴びるくらいなら
問題ないんですが、

 

 

 

夜に至近距離でブルーライトを浴びるとなると、
目にも良くないし体のリズムが狂ってしまいます。

 

 

 

とある実験で、就寝前に2時間以上PCやスマホを使い続けていると、
メラトニンの抑制された量が飛躍的に高まったという結果があります。
それくらい、夜のスマホやPCの使用は危険だということです。

 

 

 

ブルーライトについては以下の記事をどうぞ。

 

 

 

スマホ老眼の原因となるブルーライトとは?

 

 

 

就寝前のメールチェックをどう改善するか?

 

 

 

完全にやめるというのは、仕事上できないという方も
いると思うので、正直言って難しいでしょう。

 

 

 

でも、就寝1時間前までにメールチェックを終わらせるよう
意識することはできるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

寝る時間は、一般的に6時間〜7時間がいいとされていて、
夜の11時か12時には寝ることを考えると、
11時までにはチェックは終わらせたいですね。

 

 

 

こういった感じで、寝る時間から逆算して、
計画を立ててメールチェックを行うことで、

 

 

 

目に余計な負担を与えて、スマホ老眼になる原因を
作らずに済みます。

 

 

 

ぜひあなたも、普段から意識して、
メールチェックの改善を行ってください。

関連ページ

スマホ老眼になりやすい3つの悪習慣とは?
スマホ老眼になりやすい人は、ある3つの習慣があるためにスマホ老眼になりやすい傾向にあります。僕自身が実際に経験したことでもありますが、どんな習慣でしょうか?
スマホ老眼になりやすい人の5つの特徴!
スマホ老眼になりやすい人には5つの共通点があります。3つ以上当てはまる方は、スマホ老眼に既にかかっているか、かかる危険性が高いです。
電車スマホをやめるための最も手っ取り早い方法
電車スマホは、目を悪くするだけでなく他人にも迷惑をかけてしまいます。一度クセになると中々抜け出せないのが電車スマホですが、僕的に最もやめやすいと感じた方法があるので紹介します。
寝ながらスマホが目に悪い理由
寝ながらスマホとは、名前のとおり寝ながらスマホを見る行為ですが、実はスマホ老眼を最も促進させてしまう習慣の一つ!できたらスマホ老眼になりたくなかったら、絶対にやめてほしい行為です。
タバコの喫煙がスマホ老眼を助長させる?!
直接的な関わりはありませんが、間接的にタバコの喫煙はスマホ老眼と関係があります。体に悪いのは言うまでもありませんが、なぜスマホ老眼と関係があるのでしょうか?
3D映像がスマホ老眼と眼精疲労の原因に?!
スマホ老眼になってしまう悪習慣を紹介します。反面教師的な意味で、今後真似をしないように参考にしてください。