ビタミンB1とB12 不足は眼精疲労を引き起こす!

ビタミンB1とB12 不足は眼精疲労を引き起こす!

ビタミンBも、ビタミンAと同様、目にとって非常に重要な
栄養素になります。

 

 

 

ビタミンBにも色んな種類がありますが、
その中でも今回紹介するのはこちら!

 

 

 

  • ビタミンB1
  • ビタミンB12

 

 

 

ビタミンAが不足するとドライアイになりやすいのに対して、
逆にビタミンB1やB12が不足すると眼精疲労や視力低下に
つながる恐れがあります。

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンB1やB12の不足による目の症状としては以下になります。

 

 

 

  • 結膜や角膜の炎症
  • 視力の低下
  • 眼精疲労

 

 

 

ビタミンBが不足すると、
視神経や目の筋肉が活性化できないので、
どんどん衰えて視力低下や眼精疲労になります。

 

 

 

眼精疲労はスマホ老眼の原因にもなりますので、
予防という意味でも普段から摂取しておくべきでしょう。

 

 

 

また、目の角膜や結膜に異常が発生し、
様々なトラブルが起こります。

 

 

 

結膜炎とかになって目を掻いたりすると、
目に傷が入って感染症にかかったりする恐れもありますから、
ビタミンBは不足しないように常に意識して摂取してください。

 

 

 

ビタミンBの目への働き

 

 

 

ビタミンBの主な働きは、以下の通りです。

 

 

 

  • タンパク質や糖質の吸収促進
  • 細胞の成長促進
  • 目の老化防止
  • 神経や筋肉の活性化
  • 目の粘膜を正常に保つ

 

 

 

筋肉の働きを活性化させるという点は、
目にとっても非常に重要なポイントです。

 

 

 

目を使っていると、レンズ調整のために
毛様体筋を疲弊させ、

 

 

 

筋肉が硬直していき、眼精疲労による
目の奥の痛みなどにつながります。

 

 

 

 

 

 

 

デスクワークなんかをしていたら、目の筋肉は
どんどん疲弊していきますから、ビタミンBは
必須の栄養素になります。

 

 

 

他で言うと、目の粘膜を正常な状態に保つことも、
スマホ老眼を防ぐうえで非常に重要です。

 

 

 

そして体調を整え、精神の安定にも貢献し、
心身のストレス予防にも貢献するため、
スマホ老眼だけでなく、

 

 

 

ストレスが原因にもなる眼精疲労の予防にも
つながります。

 

 

 

目を守るビタミンBを含む食材まとめ!

 

 

 

眼精疲労を防いで、スマホ老眼の予防にも
つながるビタミンBの摂取はかかせませんが、
どの食材に含まれているのかを知ることが重要です。

 

 

 

今回はビタミンB1とB12を紹介していますが、
2つの栄養素をどちらかでも含んでいる食材を
紹介しましょう。

 

 

 

  • 玄米
  • 牛乳
  • いわし
  • さば
  • 牡蠣
  • レバー
  • パイナップル
  • そらまめ
  • 豚肉
  • ウナギのかば焼き
  • かつおのなまり節
  • 鶏卵

 

 

 

ビタミンB1やB12は、比較的摂取しやすい栄養素です。
好き嫌いが少ない食材に結構含まれているので、
子供でも摂取しやすいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、気をつけてほしいのが、
ビタミンBが水溶性であるということです。

 

 

 

水溶性であることがなぜ重要なのかというと、
尿や汗で排出されやすいため、吸収されにくいんですよね。

 

 

 

自分ではめっちゃ摂ったつもりでも、
実は思っていた以上に体に吸収されていなかったりします。

 

 

 

ビタミンAとかだと、肝臓に摂り貯めしておくことも可能なんですが、
ビタミンBは肝臓に貯めて、必要に応じて使うということができません。

 

 

 

そのため、常時摂取しておく必要があるわけです。
もし普段の食生活で、ビタミンBをとりにくい環境にいるなら、
サプリメントで補うのも手です。

 

 

 

むしろサプリメントの方が、食事で摂るよりも吸収率が高いので、
ビタミンBのような、吸収されづらい栄養を取りたい場合はおススメ!

関連ページ

眼精疲労はスマホ老眼の前兆?!
眼に関する症状の一つに眼精疲労というものがあります。目の不審な痛みが伴うこともある眼精疲労ですが、実はスマホ老眼になるサインかもしれません・・・。
睡眠不足が眼精疲労を悪化させる2つの理由
睡眠不足が続くと、まず疲れ目になって疲れが取れにくい生活になります。そこにスマホやデスクワークが加わると、眼精疲労になってスマホ老眼になってしまいます。
スマホ老眼の原因である眼精疲労の治し方5ヶ条
スマホ老眼の前兆だとも考えられる眼精疲労の治し方には、主に5つのポイントがありますので、それぞれの治し方のポイントをまとめていきたいと思います。
眼精疲労はストレスや環境も原因?!
スマホ老眼の原因となる眼精疲労ですが、目の疲れだけでなく、ストレスや環境も影響してきます。
疲れ目や眼精疲労は休息が一番効く!
疲れ目や眼精疲労は、スマホ老眼となる原因になりますが、こうした眼疾患の多くは、目の筋肉が疲れきっているのが原因です。なので、疲れた時は、思い切って休息をとることが大事なのです。
睡眠不足を解消する9つの習慣とは?
眼精疲労やスマホ老眼を助長させる睡眠不足を解消するための9つの習慣を紹介します。全部でなくてもいいので1個か2個でも実践してみてください。
眼精疲労や疲れ目を防ぐ照明の9個の条件
夜の勉強やデスクワークなどでは照明が必要不可欠ですが、選び方を間違えると、照明で目を傷つけている可能性があります。眼精疲労につながる恐れがあるので、選び方のポイントを教えましょう。
疲れ目や眼精疲労に効くビタミンB2の摂り方
疲れ目や眼精疲労は、放っておくとスマホ老眼の原因になるため、普段の食生活から見直して目を健康に維持しないといけません。ビタミンB2とは、疲れ目や眼精疲労に効果があると言われていますが、何から摂取して、どうとっていけばいいでしょうか?
カルシウム不足は眼精疲労の原因?!
カルシウムが不足すると、ある仕組みで眼精疲労になり、スマホ老眼になる原因になります。なぜ、カルシウム不足が目に関係するのか?
眼精疲労に効くビタミンB6の効果と食材について
ビタミンB6も、目に良いとされる栄養素の一つで、眼精疲労を改善することができると言われています。もちろんその効果は医学的にも証明されています。では、具体的にどういった作用があって効果があるのか、どんな食材に含まれているのかを学びましょう!