視力低下と体の冷え症

目の冷えがスマホ老眼につながるワケとは?

体が冷えると冷え症と呼ばれ、免疫力が低下して様々な病気にかかりやすいように、
目の冷え症も実際に存在し、放っておくと眼精疲労や老眼などの眼疾患に陥ります。

 

 

 

中でも、当サイトのテーマであるスマホ老眼との関連性を考えたときに、
あまり関連性がないように思えますが、実は密接な関係があるのです。

 

 

 

 

 

 

 

まず、スマホをずっと使っていると、
画面から発せられる刺激の強いブルーライトによって、
目のピントが合わなくなり、目が疲れていきます。

 

 

 

それが積み重なると、今度は目の運動機能が低下してそこに乳酸がたまりやすくなり、
目の筋肉にコリが起こります。

 

 

 

硬くなった筋肉は目の血管や神経を締め付け、血流が悪くなり、
目が冷えて疲れがどんどん溜まる悪循環に陥り、
眼精疲労になって悪化することでスマホ老眼につながってしまうというわけです。

 

 

 

さらに、もう一つ理由があります。

 

 

 

スマホを見ていると、
あまり目を動かさずにその画面をじっと見つめてしまいがちですよね?

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、目の動きが一定にしか動かないため、
特定の筋肉ばかり使い、歳をとるにつれて疲労がどんどんたまりやすくなります。

 

 

 

血流が悪くなって目が冷えてスマホ老眼になってしまうのです。

 

 

 

目の冷えを解消するための2つの方法

目の冷えを解消するには単純な話、血行を良くすればいいわけです。
そのためには以下の2つの方法が効果的です。

 

 

 

  • 目をホットタオルで温める。
  • 目の体操で内側から冷えを解消する。

 

 

 

この2つの方法が最も有効な手段ですね。
それでは順番ずつ解説していきましょう。

 

 

 

目をホットタオルで温める。

 

 

 

 

 

 

あなたも目が疲れた時などに温かいタオルなどをかぶせた経験があると思いますが、
すぐにその効果が実感できるのがわかると思います。

 

 

 

直接温めるだけでも、
目がしゃきっとして視界が一気に開ける感覚を味わうことができるからです。

 

 

 

即効性で言えばこの方法が一番ですね。

 

 

 

ただ、その場しのぎというか、その場での効果がほとんどなので、
根本的な改善を望むのであれば、後述する目の体操の方をおすすめします。

 

 

 

でも、目が疲れていて気軽に行って目の疲れを取りたいとか、シャキッとさせたいとかであれば、
ホットタオルによる治療法をおすすめします。

 

 

 

具体的な方法は以下で解説していますので、
よかったら参考にしてください。

 

 

 

ホットパックでスマホ老眼を改善!

 

 

 

目の体操で内側から冷えを解消する。

 

 

 

 

 

 

当サイトでもいくつか紹介していますが、目の筋肉を意図的に動かすことで、
筋肉の柔軟性が取り戻されて血管と神経のしなやかさも回復し、
目のコリや疲れ、視力などを改善することができます。

 

 

 

これで目のすみずみの細胞に、サプリメントなどで摂取した
アイケア成分や酸素を必要なだけ送り込むことができ、

 

 

 

目の冷えを解消するどころか、
スマホ老眼などの眼疾患を改善させて視力回復につなげることができます。

 

 

 

目のトレーニングに関しては以下のページで、
詳しく載せていますのでよかったらご覧下さい。

 

 

 

スマホ老眼を治すための目のトレーニング記事一覧

 

 

 

以上!「目の冷えがスマホ老眼につながるワケとは?」でした!
ありがとうございました。(^^)v

 

関連ページ

目の冷えを悪化させる『視力低下7つの習慣』とは?
視力低下の原因となる目の冷えですが、実はある7つの習慣を知らないうちに行っていると、着実に視力が低下していきます。
視力低下の原因『肩こり』や『冷え』を解消するオススメの食べ物!
スマホ老眼の原因はスマホやPCから発せられるブルーライトだけではなく、体質的な冷え性なども原因になることがあります。そこで、冷え性を治す効果的な食べ物を紹介しましょう。