子供のスマホ老眼

子供にタブレットをオススメする3つの理由

子供がスマホを持ち始めると、
せっかく生まれ持って健康な目でいられているのに、
その目を一気に台無しにしてしまいます。

 

 

 

これはスマホゲームが普及して、どんどん
依存性が高まってきているのが
大きな原因になっているのでしょう。

 

 

 

子供は周りの友達と合わせて、スマホを持ちたがりますが、
そこは我慢させて、タブレットを代わりに持たせるようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

なぜタブレットがスマホよりいいのかというと、以下のような
理由があるからです。

 

 

 

  1. スマホよりも画面と文字が大きい。
  2. 大きいので頻繁に携帯しなくなる。
  3. 家族との交流が深まる。

 

 

 

以上のような理由から、子供にタブレットを持たせることを
オススメします。

 

 

 

もちろん、使いすぎは目に悪いのでそこは調整してください。

 

 

 

スマホよりも画面と文字が大きい。

 

 

 

スマホは確かに携帯もしやすくて、周りの友達でも
持っている人が多いでしょうが、画面が小さいので
目を悪くしやすいのがデメリットです。

 

 

 

タブレットはスマホに比べて画面が大きく、
それに伴って文字も大きく表示されますから、
目の疲れも大幅に軽減されます。

 

 

 

画面と文字が大きく表示されれば、
目に負担がかかりにくくなるとともに、
調節機能不全が起こりにくくなるのでオススメですよ!

 

 

 

画面の大きさで言えば、大型タブレットがいいです。

 

 

 

大きいので頻繁に携帯しなくなる。

 

 

 

スマホだと、小さいし軽いので荷物として持っても
そこまでかさばらず、気軽に持ち運びできますが、
その分携帯性が強まっていつでも使える環境ができてしまいます。

 

 

 

そうなると、子供の場合は抑止力がそこまでありませんから、
欲望に負けてスマホをやりまくってしまうことにつながります。

 

 

 

でもタブレットとなると、両手で持たないといけないし、
大きいので荷物としては少しかさばるので持ち運びが少し不便。

 

 

 

 

 

 

 

でも、使用する時間や機会がスマホよりも限られてきますから、
目を守るという意味ではタブレットの方が携帯性が悪い分いいと思います。

 

 

 

普通にスマホゲームなどを楽しむとかであれば、
スマホそのものの携帯性が悪いのは致命的ですが、
目を守るという点では携帯性が逆に悪いほうがいいのです。

 

 

 

家族との交流が深まる。

 

 

 

タブレットは家族の写真をアルバムみたいに保存できるので、
子供と親との交流を促すツールになります。

 

 

 

逆にスマホとかだと、一人で操作することがほとんどで、
それに伴なって言葉数が減ってコミュニケーションの機会が減ります。

 

 

 

そうなると家族内の絆にも影響しますから、
人間として、家族の一員としてコミュニケーション能力を
育てるためにも、家族全員で楽しめるタブレットの方が絶対にいいです。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、タブレットでもスマホ同様、ブルーライトを放出していることには
変わりありませんから、使い方には気を付けないといけません。

 

 

 

以下の記事にて使用上の注意点を上げているので
参考にしてください。

 

 

 

スマホ老眼を防ぐためのタブレット使用上の注意点!

 

 

 

以上が、スマホよりもタブレットを子供におすすめする理由でした。

 

 

 

ありがとうございました!

関連ページ

子供がスマホ老眼にならないために・・・
20代の若者や30代以降の大人だけでなく、小学生の子供たちも、スマホ老眼になるリスクがあります。そこで、我々大人は、親の立場に立って子供がスマホ老眼にならないよう、どう接すべきかお教えします。
子供がメガネをかける時は近視に気をつけろ!
子供がスマホ老眼になってメガネをかけることになってしまったとき、親は近視にならないよう気をつけなくてはいけません。どういったところに気をつければいいのかを解説します。
スマホ老眼を防ぐためのタブレット使用上の5つの注意点!
子供に持たせるならスマホよりもタブレットのほうがいいという話を他の記事でしていますが、タブレットを使う際にもいくつか注意点があります。
スマホ老眼になりやすい子供の3つのタイプとは?
子供うちからスマアホ老眼の対策はしていかないといけません。幼いうちから目を悪くしてしまうと、子供の性格にも影響が出てきて、将来的な問題を抱えることにつながります。実は、子供の中にはスマホ老眼になりやすいタイプがあります。