スマホ老眼と普通の老眼の違い

スマホ老眼と普通の老眼の違い

近年になって話題となっているスマホ老眼ですが、
普通の老眼とどう違うのかがわからない人は
多いのではないでしょうか?

 

 

 

どっちも老眼ですし、症状も似ていますが、
実は根本的なところで違います。

 

 

 

  • スマホ老眼
  • 一般的な老眼

 

 

 

一体スマホ老眼と、一般的な老眼って
どう違うのでしょうか?

 

 

 

一般的な老眼とは?

 

 

 

まず、一般的な老眼について、
基本的なことを知る必要があります。

 

 

 

一般的な老眼は、
加齢によるピント調整力の低下
をさします。

 

 

 

歳をとれば誰もが経験することですが、
実は老眼って10歳の時から進行する場合もあるそうです(;´д`)

 

 

 

 

 

 

 

症状としては、遠くのものにピントを合わせるのが困難な場合と、
近くのものにピントを合わせにくくなるという両方があります。

 

 

 

目には、レンズもしくは別名「水晶体」というものがあり、
毛様体筋によって伸び縮みして、ピントを合わせるのですが、

 

 

 

加齢によって毛様体筋が衰えたり、水晶体が硬化して、
弾力性を失ったりすることで目が見えにくくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

また、老眼とともに加齢で起こる変化として、
モノがぼやけて二重に見える乱視になったりもします。

 

 

 

目の老化には個人差がありますが、
大体45歳以上から急激に増える傾向にあります。

 

 

 

スマホ老眼とは?

 

 

 

スマホ老眼とは、ほかの記事で既に解説していますが、
スマホやパソコンの見過ぎで目を悪くしてしまい、
老眼のような症状に陥ることです。

 

 

 

原因はブルーライトがメインで、
刺激の強い光が直接網膜を刺激して、
目に負担をかけてしまうことが、スマホ老眼につながります。

 

 

 

ブルーライトはほかの光と違って、光線自体の強さが
段違いですから、目にレンズなどの壁があっても、
すり抜けて網膜にまで到達してしまうんです。

 

 

 

 

 

 

 

ブルーライトの恐ろしさについては、
以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

 

スマホ老眼の原因となるブルーライトとは?

 

 

 

一般的な老眼と違って、
加齢ではなく、スマホのブルーライトが原因なのが
大きな違いです。

 

 

 

一般的な老眼とスマホ老眼の大きな2つの違い

 

 

 

一般的な老眼とスマホ老眼の違いには、
大きく分けて2つあります。

 

 

 

  • 治るかどうか
  • 原因の違い

 

 

 

それでは順番ずつ見ていきましょう。

 

 

 

スマホ老眼は治っても普通の老眼は治らない?!

 

 

 

絶対に治らないとは言い切れませんが、
はっきり言ってスマホ老眼と比べると、
加齢による老眼はかなり治りにくいです。

 

 

 

ブルーベリーがどうとか、それ以前の問題で、
毛様体筋が加齢によって衰えているんですから、
止めようにも止められません。

 

 

 

人間はどんなに若くても、老いるのは止められませんから、
治療するとしても限界があります。

 

 

 

まあ、最近話題のIPS細胞による目の完全再生が可能になれば、
話は別ですが、まだまだ研究段階で、一般庶民には届きません。

 

 

 

逆にスマホ老眼は、普通の加齢による老眼と違って、
スマホのブルーライトが原因で、目が弱っているわけですから、
そのスマホをどうにかすればいいわけです。

 

 

 

 

 

 

 

あとは、生活習慣と食事バランス、目に良いサプリメント
などなど、しっかりと対策していけば目が回復して、
どんどん改善させていくことができます。

 

 

 

まあ時間はかかりますが、加齢による老眼に比べれば、
スマホ老眼を治すなんて、全然楽チンです!(^^)v

 

 

 

原因がそもそも違う!

 

 

 

加齢による老眼と、スマホ老眼は、
そもそも原因となるものが全然違いますよね。

 

 

 

加齢は人の手では止めることは
ほぼ不可能ですが、スマホとブルーライトは、
人の手で止めることができます。

 

 

 

原因を断ち切って、根本から解決できるのが、
スマホ老眼であり、ある程度諦めるしかないのが、
加齢による老眼というわけです。

 

 

 

 

 

 

 

大事な目ですから、若い頃から、スマホばかりいじって、
目を痛めつけては老眼の進行を早めるだけです。

 

 

 

「若いから大丈夫!」

 

 

 

なーんて思わずに、
油断せず日頃からスマホを使う習慣を
限定して、1日何時間までと決めながら、

 

 

 

少しずつ程よい距離感でもって、
接することができるようになりましょう。

 

 

 

また、スマホ老眼を治療するのに、
ブルーベリーの5倍以上のアントシアニンが摂れるサプリメント
を併せて利用できれば、より一層スマホ老眼の改善が進みます。

 

 

 

気になるブルーベリーより5倍以上アントシアニンを含んだ、
アイケアサプリメントを知りたい方は、以下のレビュー記事を
ご覧下さい。

 

 

 

スマホ老眼解消サプリ!「めなり」を実際に試してみた!

 

 

 

 

 

関連ページ

誰でもわかる!目の仕組みとはたらき
スマホ老眼について知る前に、まずはあなたの目がどういう仕組みで、どんな動きをしてはたらいているのかを知る必要があります。
視力低下は体のあらゆる部分と影響し合っている!
スマホ老眼を治す前に、あなたの目の仕組みや働き、視力が体とどう関係あるのかを知っておきましょう。
あなたの目の仕組みから知るスマホ老眼!
スマホ老眼の治し方を知り、治療していくには、自分の目の仕組みを理解してどこが悪いのが原因なのかを知るところから始めてください。目のどこが悪いことでスマホ老眼になっているのかを知ることで、具体的な解決策につながります。
目のピント調節機能はデリケート!
目のピント調節機能が正常であることで、遠くのものと近くのものを見ることができますが、どっちかがおろそかになると見えなくなってしまいます。ピント調節は目にとってとても重要な機能なのです。
油断大敵!視力がいい人ほどスマホ老眼になるってマジ?!
スマホ老眼になっている人で多いのは、結構20代〜30代などの若い世代が多いです。スマホが普及した世代だからと思うかもしれませんが、実は原因はかれらの心の中にもあります。
スマホ老眼が原因で肩こりや頭痛が起こるってマジ?
よくパソコンやスマホをやっていると肩が凝ったり頭痛になったりすることがありますが、もしかしたらスマホ老眼が原因かも?
PC作業による肩や首こりで視力が低下?!
PC作業による肩や首こりで視力低下を招き、スマホ老眼につながるケースもあります。そのメカニズムを解説しましょう。